スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle paperwhiteを使ってみて

Kindleのpaperwhiteが思いがけず早く手に入ったので、通勤時に大活躍しています。

Kindleを使ってみてよかった点とか、意外と使いにくい点とかをまとめておこうかなと思います。誰得な情報だけど。

<よかったところ>
・青空文庫を気軽に読めるようになった
一番の利点は、これに尽きます。
青空文庫の存在は以前から知っていましたが、液晶画面で読むのはあまり好きではなかったので、そこまで熱心ではありませんでした。
今回じっくりと探してみたんですが、あらためて無料ながらも面白い作品が多いということを感じさせられました。少し古い作品が多いんですが、「つまみ食い」をする感覚で名作が読めるのは、非常に大きいと思います。
「日本三大奇書」と呼ばれる「ドグラ・マグラ」と「黒死館殺人事件」が読めてしまうのも嬉しいです。もちろん、これは人により好みがありますけど。

タブレットでもKindleアプリで読むことができますが、液晶画面と比べると、「紙の本」を読んでいる感じに近いです。目の疲れも少し違うかなと。

<いまいちな点>
・書籍検索がいまいち
電子書籍端末という性質上、Webでの閲覧に向かないのはわかりますが、Amazonでの書籍検索がややストレスを感じます。
中でも一番気になるのが、Kindleアプリではできる「無料書籍の検索」が、Kindle本体ではできない点。
Kindleストアから見れるのは「ジャンル」と「ブラウズ」という分類なんですが、この「ブラウズ」に、無料書籍のカテゴリが無いのです。
青空文庫を中心に読書をしようと思っているのであれば、iPhoneなどのアプリから探したほうが探しやすいと思います。

・漫画はストレスを感じやすい
これもさんざん言われていることですが、絵が多いと、画面の切り替え時に起こる反転(リフレッシュ)が必ずといっていいほど起こります。
慣れるまでは、この「リフレッシュ」がけっこうストレスに感じます。反転の時間は1秒もないくらいですが、読むのが早い人にとっては、けっこうストレスかもしれません。
漫画をスムーズに読みたい方は、タブレットで読んだほうがいいかもしれません。


とまあ、上に書いたのは、すでに出ている情報なんですが、使ってみた所感を書いてみました。
小説などの文章を読むことが多い人にとっては、とても便利なツールかなと思います。

最後に、ケースについて。
Kindleを持ってみた人はわかると思いますが、けっこう持った時の安定感は悪いと思います。
裏面はマットな感じですが、けっこう滑りやすいんです。
なので、多少重くなってしまうのが残念ですが、やはりカバーをつけておいたほうが良いと思います。
スリープから復帰させるときに電源ボタンを押す必要があるんですが、このボタンがなかなか押しにくいので、カバーの開け閉めでスリープ設定/解除ができる、マグネット内臓タイプのカバーが便利かなと思います。
純正カバーが安定感もあるんですが、本体に比べて若干割高なので、このあたりはお好みで、といったところでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。