スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上に早くKindle paperwhiteを入手

11月20日、AmazonからKindleが発売になりました。
発表当初はネットからの注文がすごくて、私は発表されて3日後くらいの27日に注文したんですが、その時点ですでに発送予定がクリスマスという、とんでもないことになってました。

私は、Amazonの商品は家電量販店での取り扱いはしないものだとばかり思ってたので、手に入るのはだいぶ先だなと思ってました。

ところが、ネットで情報を集めていたら、一部の家電量販店で予約が始まっているという情報があり、びっくりしました。
でも、nexus7のときみたいに、どこに行っても品切れ、みたいな悪夢が待ち受けてるんだろうな、と諦め半分で電話をしてみたら、3G版があるというではありませんか。

これは買うしかないだろ、と思って即、予約をしました。まさかこんなに早く買えてしまうとは。嬉しい誤算でした。
さて、そのKindle paperwhiteですが、タブレットではなく、電子書籍端末です。
なので、見た目はタブレット端末のようですが、スピーカーもないし、カメラもありません(当たり前だけど)。
あくまで「本を読むための端末」です。

箱はこんな感じ。ちなみに箱は直方体ではなく、やや台形っぽいです。



外箱の作りは、nexus7に似ています。
その外箱から取り出した中身の箱を開けると、こうなってます。
箱の上部にミシン目がついていて、ここを破って開けるんですが、この動作がなんだか不思議な感じがしました。


内容物は、本体、説明書、やけに長いUSBケーブル、これだけです。
ちなみに、iPadみたいに、アダプターはついてませんので、別に購入する必要があります。

といっても、ごく普通のUSBケーブルなので、iPhoneとかについてるアダプターで十分、代用可能だと思いますが。


うちにある、他の端末と大きさを比べてみました。
iPad2、nexus7、Kindle paperwhite、iPhone4Sです。
大きさとしては6インチらしいので、iPhoneと7インチタブレットの間くらいでしょうか。



チュートリアルはこんな感じです。


私は、以前に何冊か本を買っていたので、クラウドに本がありました。
これは、クラウドの画面です。
左側のほうの「端末」「クラウド」で、切り替えができます。
画面左上に「2番目のKindle」とあるんですが、ということは、先に注文したKindleが「1番目のKindle」になっているんでしょうか。


iPhoneとかAndroidのアプリでもKindleの本は読めますが、paperwhiteがアプリ版と違うのは、細かな辞書の設定ができるところです。
要するに、購入した辞書を、読書時の検索に使える、ということです。
「collins english dictionary」のKindle版が99円だったので、思わず買ってしまっていたのですが、ようやく役に立ちそうです。



ちなみに、Kindleの背面ですが、nexus7に似ていて、滑り止めが効いたマットな仕様になってます。裏にブツブツがあるわけではないんですが、ラバーというか、コーデュロイ的な感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。