スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に演劇を観た

そういえば、ここ最近中崎町に行ってないなあ。


そう思って、時間もあったのでふらっと散策をすることにしました。
昼前に出て、ヨドバシでちょっと買い物を済ませて、お腹も空いたので中崎町のカフェで軽く腹ごしらえ。

前と比べると、中崎町のあたり、ずいぶん人が増えたなあと思います。
最初に中崎町を知ったのは、2~3年くらい前だったと思いますが、その頃はそこまで人も多くなかったような気がします。ひっそり、静かに営業している雑貨屋とか、路地裏に隠れるように営業をしている「隠れ家」的カフェとか、そんな感じだったような気がします。
今では、カメラを持って散策していたり、大人数で歩いている光景も見かけたりして、中崎町も有名になってきたんだなあということを実感します。
さて、今回は特に目当てがあって来たわけではなかったのですが、たまたまぶらぶらしていたら、「怪獣使いと少年少女」という、なんとも不思議なタイトルのチラシが目に飛び込んできました。ユニット「茶ばしら、」の公演だそうです。


ちなみに、公演が行われていたのは、「common cafe」というところです。



その内容は、まだ観ていない方もいますので伏せますが、非常に面白い作品でした。

私は普段あまり演劇を見ない(というか、見る機会が少ない)のですが、舞台というのは、やはり迫力がありました。生きているというか、目の前で展開されていく感じが、すごく惹きつけられます。
これまでにも劇場で観たことはあるんですが、役者さんと1メートルも離れていない場所で舞台を見るのは初めてだったからかもしれませんが、生き生きとした演技、難解な台詞の中に組み込まれたサブカル知識(今回の場合は、ネタがネタだけにそうなっている、といった気もしますが)・・・

ネタ元がわからなくても楽しめる。
分かる人にはもっと楽しめる。

そんな公演だったような気がします。
ちなみに私は、おそらく年代が近いからなのか、かなり分かる話が多かったです。
時折、マニアックすぎてついていけない話題もありましたが(´・ω・`)


これを機に、演劇を観に行くことを通して、また新たな広がりができたらいいなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。