スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験に至るまで

何かの役に立つかもしれないので、忘備録として書いておきます。

私が試験を受けるにあたって、勉強した方法などを簡単に書いておきます。

①全体像を把握する

どんな試験もそうかもしれませんが、とりあえず範囲の全体像をまず掴むことが肝心。

臨床心理士試験の範囲はとにかく広く、基礎心理から心理査定、精神症状、関係法規など、その範囲の広さにとにかく苦しめられます。

私は大学である程度基礎心理をやっていたのですが、それでも全体的に本を読み返しました。

実際の試験は穴埋めでなく選択式なので簡単と思うかもしれませんが、正確な知識がないと選択の際にかなり迷う問題が多いです。100問を150分で解く必要があり、事例問題も多くなっている以上、知識だけで解ける問題に時間をかけるのはもったいないのです。

②できない分野を補強する

一通り本を読んだり問題集を解いたりしていくと、できない部分や分からない部分が出てきます。得意分野はある程度できるところですので知識は入りやすいと思われますが、苦手分野はとにかく基礎的な知識を正確に覚えることが重要かと思います。いい加減に覚えてしまうと、間違いを修正するのに余計な苦労をする羽目になります。

学生のうちはまだしも、社会人になると仕事との兼ね合いでとにかく時間が貴重になってきます。時間の節約のためにも、「ひとつのことを正確に記憶する」ほうが、後々になって無駄が少なくて済みます。

「どこも全部わからないよ」というのは論外としても、分からないところが多い場合は、逆に「わかる部分から攻めていく」という方法もありそうです。自分にとって理解しやすい分野から、徐々に周辺知識を広げていくというイメージでしょうか。

この段階の時、私は単語カードを使いました。単語カードと言っても、英単語を一つ書いたら埋まってしまうような小さいものではなく、文章を書けるような比較的大きな単語カードです。

これに、分かりにくい分野の語句を、文章の穴抜きのようにして問題にしてしまいます。あるいは、一問一答形式にします。

穴抜きの例

「相関関係を調べようとしている二つの変数が【 A 】尺度のとき、席率相関係数を算出するのが理想とされる」

一問一答の例

「近刺激の変化にもかかわらず対象(遠刺激)の大きさ、形、色、明るさなどはあまり変化せずに比較的安定して知覚される。これを何というか」

こういうのを大量に作り、持ち運ぶようにしておきます。

作る手間は多少かかりますが、ノートをまとめる勉強の一環だと思えばあまり苦になりません。

まとまった勉強時間がとりにくくても、5分10分の「すきま時間」を使った有効な勉強方法の例だと思います。通勤時間や病院の待ち時間、寝る前に布団の中で、など、時と場所をあまり選ばずに使えるメリットもあります。

あと、「すき間時間の利用」として、トイレに専門書を置いておくという方法もあります。座って何の気なしにパラパラと雑誌感覚で読んでいると、何度も見ているうちになんとなく覚えてくるものです。

我が家では「ちょっと気になるけど、あまり落ち着いて読むことがない」レベルの本をトイレに3冊ほどおいてます。

③自分なりに説明してみる

これは条件が整わないと厳しいかもしれませんが、勉強会など有志の集まりが期待できる場合、ぜひとも「自分なりに説明してみる」ということに挑戦してみてください。

院の授業もこのパターンだったという人も多くいると思いますが、自分が説明するとなると、知識はもちろん、背景や周辺の状況もある程度把握している必要があります。それに自分の言葉で説明することができれば、理解もぐんと進みますし、記述試験の際にも大いに強みになります。

本の丸暗記はなかなか難しいものですが、自分の言葉で説明することができ、コンパクトにまとまった部分を覚えておけば、あとは芋づる式に知識は引き出すことができると思います。

続きはまた後日。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。