スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い季節の玄米茶

最近、めっきり秋めいてきました。
けっこう半袖だと、日中でも肌寒いなあと感じるほどになってます。
夏だった頃は、けっこう冷たい水とか麦茶なんかをごくごく飲んでいたものですが、
近頃になると、そういうことをしようという気にはならず、熱い玄米茶を湯飲みで飲むのが習慣になってます。


といっても、急須を持っていないので、お茶パックに徳用玄米茶を5gほど入れて、パックを湯飲みに入れて、上からお湯を注いでしばし待ってから飲む、というスタイルにしています。


いや、正確に言うと急須は持っているんですが、使い物にならないんですよね。



カビが生えてるので。


ついつい、急須の中身を放置してしまうことが多くて、洗うのを忘れたまま「ま、いいか」と放置しておいた結果、中身が見事に緑色のカビに埋まってしまってました。

orz


これで急須駄目にしたの2回目ですよ・・・
こう考えると、一回ごとに捨てるお茶パックのほうが、お金はかかるけど自分にはいいのかな、と。


話題がグロくなってしまったので、お茶の話。

子どもの頃から、親とご飯を食べていたとき、食後に必ずといっていいほどお茶が出てきていました。
ほとんど「とりあえず、飲む」みたいな感じでずっと飲んできたんですが、お茶の苦味がおいしいなあと思い始めたのは、たぶん高校くらいの頃からです。
それまでは

なんだこの苦い飲み物は


と思ってましたから・・・


最近では、香りがいいことから、玄米茶をよく飲んでいます。
ずずず、と音をたてながら飲んでると「いかにもお茶を飲んでるなあ」という実感がわきます。
だって飲んでるのはお茶なんだから、「お茶を飲んでる実感」もなにもないだろという突っ込みは禁止
でもこれが、ホットのウーロン茶とかだと、駄目なんですよね。気持ち悪くて。
熱いお茶は玄米茶か緑茶に限る。こういうこだわりがなぜかあります。

こういうのって、やっぱり子どもの頃からの体験とかに影響しているのかなぁ・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。