スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人はコーヒーにどこまでこだわるのだろうか・・・

と、意味もなく詩人風味な出だし。



僕はコーヒーが好きです。
というか、ある意味コーヒーまにあ と言ったほうがいいのかもしれない。。。
僕の気持ちとしては、コーヒーにこのくらいこだわるのは普通だろ、と思っていたわけですが、周りからしたら、「マニア」の領域に入ってるような気がしてなりません。

何が周りと違うのか。

こだわり①わざわざ豆を買う
だいたいは、粉ですよね。せいぜい。
でも、市販の粉(○キ○ムとか、ブレ○デ○とか・・・)使っても、何がおいしいのかさっぱり??でした(業者さん、ごめんなさい)

まあ、

焙煎→粉砕→パッケージ→搬送→店頭に並ぶ→僕が買う→自宅でコーヒー飲む


この流れが、大メーカーの品の場合、たぶんものすごく時間がかかると思います。
大量生産しているでしょうし、廉価な品物ですからね・・・(ま、値段が高いものが必ずしもいいというわけでもありませんけど)

こだわり②淹れる前にミルで挽く

やっぱりこれも、大抵は粉を買ってくるから、こんな面倒なことしません。
当たり前ですよね。。。
ただ、やっぱり、豆を挽いたものを使った場合と、粉を使った場合とでは、香りが全然違いますね。
当たり前かもしれませんけど、豆を挽いたばかりのものを使ったほうがおいしいです。

以前は手動のミルを使ってたのですが、今は使ってません。
掃除とか面倒

どうもハンドル部分とかが金属疲労を起こしているみたいで、うまく挽けません。
なので、最近は豆ではなく、粉を注文してますね。

やっぱり豆を挽いて作ったコーヒーがおいしいので、バイトのお金をはたいてコーヒーミルを買うことに。
・・・普通の人は、ファッションやらCDやらに使うところなんでしょうが。
今の時期なら、クリスマスに(略

ま、自分には関係ないんで、ネットで安売りしてたのを買いました。5000円で。
もっと安いのであれば、カッター式のスリムなやつはあります。家電量販店にでもいけば、安くあります。
しかし、僕は使いやすく、コーン式(石臼式)のものがいいなと思っていたので、それを探しました。
本当は、デロンギのコーヒーグラインダーがいいなと思ってましたが、あれは高すぎ。
安くて1万数千円しますからね・・・(定価は2万くらい・・・)


こだわり③ペーパードリップ
これも、ドリップポットを使って、慎重に淹れます。
最初は難しかったですけど、今はなんとかましになりました。最初よりは。
サイフォンとかパーコレーターとか水出しとかネルドリップとか、淹れ方はいろいろあるんですけど・・・
水出しは淹れるのに時間がかかりすぎ(できたコーヒーはすごく美味しいらしいですが)だし、
ネルドリップはネルの保存が大変(水に漬けて冷蔵庫で保存しないといけない)だし、
サイフォンとかパーコレーターは、まず普通に見かけない。どこに売っているのかさえ不明。

ということで、器具もそろいやすくて簡単(だと思っていた)なペーパードリップにすることに。
コーヒーメーカーという選択もありましたが、「どうせ淹れるなら自分で最後まで淹れたい」という訳のわからん屁理屈により却下となりました。


豆については、また機会のあるときにでも・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。