スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏技は使えません@郵便局

だんだんネタがその日のニュースになりつつあるような・・・

こんばんわ。先生に見せた研究計画書がダメだし食らって一から書いてます、みっちです。






今日はいつもと違った出だしで始めてみましたw




さて、本日のネタトピックですが・・・数字が多く出るので、苦手な人は観ないほうがいいかもしれません。




さて、では本題。


来年4月から、利子の計算が変更になるそうです。


もう少し詳しく言うと、一円未満の利子を全て切り捨てにするようです。

現行では、郵便局の場合、一円未満の利子は切り捨てにしていないのです。


銀行に定額貯金などをした場合、一円未満の利子は、切り捨てられるのが普通です。

しかし、、郵便局の場合、一ヶ月の定額貯金などの一円未満の利子は、切捨てでなく、1円としてカウントされていました。
しかも、利子に対してかかる税(源泉徴収税:20%)は、一円未満の利子の場合、税がかからない(0円になる)のです。
また、ニュー定期などの定期貯金と違い、定額貯金の場合は一人一口座の原則がないので、100万円を1口座に預けてもいいし、1000円を100口預けてもよいことになってます。



例えば、100万円を1口=1000円 1000口で定額貯金に預入れて半年後に解約、再預入れをして半年後に解約した場合をみてみましょう。
現在、定額貯金で一年未満の場合、利率は0.02%です。これを半年後に解約した場合、1000×0.02×0.5(半期のため)で、0.1円となりますが、これが1円と換算されます。

これが1000口ですから、利子は1000円ということになります。これを解約後に再びすれば、年2000円の利子がつくことになり、


2000÷1,000,000=0.2%の年利が得られるのです。



ちなみに、100万を1口として同様に半年で解約、また預けて解約、としても、1,000,000×0.02×0.5=100円の利子しかつきません。しかもこれは源泉徴収税の対象ですから、さらに20%が引かれて、実質的には80円の利子にしかならないのです。これを2回くりかえしても、年率は160÷1,000,000=0.016%になり、明らかに前者に比べて損なのです。

年0.2%といえば、銀行の普通預金よりも断然お得な気もしますが、面倒なことこの上ないし、元本が無ければ利子も微々たるものなので、あまり実感はないかもしれません。


それよりも、リスクの大きな株とか為替にかけたほうが、まだお金が集まるようにも思えます。
株や為替はハイリスクハイリターンですが、ミニ株や国債、証券会社の商品なんかは元本割れ(元本よりも低いお金で戻ってくること)のリスクが少ない(ただし、ゼロではありません)ので、そちらのほうがいいかもしれませんね。



いずれにしても、これ、お金が無いお金儲けに興味の無い人にとっては、どうでもいいことかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。