スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クソ寒い中、冬の星をバルブ撮影してみた。

とりあえずバルブ撮影に必要な機材はそろっていたので、練習がてら、星を取ってみようと思い立ち、ベランダに出たのですが・・・

見えない。

ファインダーから覗いても、肉眼で見える星が見えない。

仕方ないので、明るい星を探し、そのあとでちょっとずつズームで寄せていき、あたりをつけました。

何秒くらいやればいいのかもまったくわからかったので、適当に。

最初はISOを上げて撮っていたのですが、バルブ撮影なんだから別に高感度にすることもないか・・・と思って200に固定。ホワイトバランスはオート。モードはマニュアル(シャッター優先AEでもよかった気がする)。フォーカスもマニュアル(AFだと定まらない)。

Img_1560


とりあえず4~5秒で撮影したらこんな感じ。

たぶん技術ある人が撮ったらもっとマシなものになるんだろうけれど。

Img_1571


10秒以上開けてしまうと光が入りすぎるよう。

4~5秒だと、雲のようなものがうっすら映りこむけど、7秒くらいだと星だけになってるっぽい。

たかがバルブ撮影、されどバルブ撮影、といったところでしょうか。

スポンサーサイト

SLIK F740を買ってしまったので軽くレビューなど。

先日の日記でも触れたのですが、三脚を買いました。

定価12000程度のものでしたが、amazonで2800円でした。


評価は「値段の割に良い」というものが多くて、まあ3000円だしな・・・と思って買ってみました。

「Made in PRC」。どこのこっちゃと思ったら、「People's Republic of China」でした。

昔は「Made in China」だったのに。

Img_1481

三脚の全貌。けっこうがっしりしてる印象。そして、(思ってたよりも)でかいです。

Img_1466_3


以前持っていたものと比較するとこんな感じ(以前持っていたものが貧弱すぎるというのもありますが)。

Img_1485

おまけ程度ですが、水準器がついています。
Img_1470




クイックシューがついているので、あらかじめカメラに装着しておけば、取り付けも楽です。写真を撮ったときは、クイックシューを取った状態でした。

Img_1473

エレベーターのハンドル。このあたりは「値段相応」なのか、ちょっとチープさが目立ちます。そしてちょっと回しにくい。
Img_1477


Img_1476


総じていえば、値段の割にけっこうしっかりしているし、段数は4段階調整ができるし、お得な感じがします。

もっとカメラにはまってくると、たぶんもっといいクラスのものが欲しくなるんだと思いますが、私としてはこのくらいのスペックで今のところは十分かなと思ってます。

【追記】

これを書いている途中に、リモートスイッチRS-60E3(ケーブルレリーズ)が届きました。

写真は撮っていませんが、プラスチック製ゆえのチープ感満載(まあ、安いから・・・)。そして思ったよりケーブルが短め。

もしかしたら延長ケーブルが必要かも・・・



備忘録?忘備録?(気が早い花火の撮影)

タイトルはさておき。



一眼レフを買ってから、撮りたいなと思っても撮れていないものがある。


花火。



去年の夏、友人と天満の花火大会を観に行った(といっても、会場にはとても行けないので、中津の公園から眺めていただけだけど)。


その時はiPad2のムービーを使って撮っていた(けっこう重いので、腕が疲れる)が、やっぱり画質は「それなり」です。


「花火やってるなあ」「きれいだなあ」と思えるくらいのレベルです。


当たり前ですが、EOS Movieなんかとは比べ物になりません。せめてiPhone並みのカメラを搭載してくれていたらよかったのに、と思いますが、iPadのカメラについては、また別のところで触れます。iPad3でも出たら、考えます。

ちなみにその問題の動画なんですが、iOS5にアップグレードする際にデータがすべて消えてしまったために残っていません。許すまじiOS5.

あまりに悔しいので携帯で撮ったしょぼい花火映像をうp。

Nec_0011



Nec_0144_2


 

話がそれましたが、今年は花火をちゃんと撮りたいわけです。

天神祭の花火とか、PLの花火とか、けっこう大きな花火のイベントもあるわけですし。特にPLの花火は、遠目ではあるものの家から十分見えてしまうので、これを練習材料として、他の花火大会にも備えてみようという思いがあります。

というわけで、簡単ですが、ネットなどで拾った花火の撮影のコツをまとめます。ちなみに私が使っているのはEOS Kiss X5です。真新しい知識など何もありません。

 

1.撮影モードは「マニュアル露出モード」にする。(ダイヤルを「M」に合わせる)

 

2.ISOはなるべく低くする(X5の最低ISOは100ですので、100に合わせる)

 

※普通の夜景だとISOは高めにする必要がありますが、花火はかなり明るいので、ISOをオートにしてしまうと、カメラの判断でISOが高くなってしまう場合があります。オートにしている場合は注意しましょう。

 

3.シャッター速度は「バルブ」設定。

※バルブ撮影とは、シャッターボタンを押している間中、シャッターが開いているというものです。

 

4.フォーカスは「マニュアルフォーカス」に設定。ピントリングは「無限遠(∞)」に合わせる。

 

5.絞りは花火の明るさで調整する。

だいたいF8から11の間が良いみたいです。この辺は自分で撮って調整してみるしかなさそうです。

で、バルブ撮影について補足。

容易に想像できますが、手に持った状態でバルブ撮影を行うと、どんなにがんばっても手ブレが発生します。三脚を使っても、シャッターボタンを手で押すと、結局は振動によってぶれてしまうことになりますので、レリーズが必要になります。

赤外線リモコンタイプのものもありますが、色々とネットで調べてみると、「他人のカメラに影響を与える可能性がある」こと、「落とした時に探すのが大変」などの理由から、有線のレリーズのほうが良いという傾向にあるようです。

ちなみに私はこれを買いました。

Canon リモートスイッチRS-60E3 Canon リモートスイッチRS-60E3
価格:¥ 2,625(税込)
発売日:

三脚も、どうしたものかと思案していました。

しっかりしたものを買うべきか、比較的安価なもので対応するか。

一応、miniDVカメラ用にコンパクトな三脚を持っていますが、はっきり言ってしょぼい。デジタル一眼レフの重さに耐えきれず、すぐに首が落ちた状態になります。こりゃだめだ。

 

 

ってことで、これを買いました。

SLIK 三脚 F740 SLIK 三脚 F740
価格:¥ 12,390(税込)
発売日:2008-09-19

まあこのくらいだったら問題はなかろう。

それから、マニュアルフォーカスの「無限遠」について。

距離目盛がついてるレンズだったら一目瞭然ですけど、そんないいレンズをまだ買えていない(そもそもキットレンズ2本と、安価な単焦点レンズしか持っていない)のです。

キットレンズも距離目盛はついていないので、「無限遠」がはっきりとわかるようなレンズではありません。

このへんは練習するしかないのかな・・・まあ、距離目盛がついてるレンズを買えば早いんですけどね。

このくらいのレンズは欲しいなあ・・・

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008E

TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD キヤノン用 B008E
価格:¥ 84,000(税込)
発売日:2010-12-20

それか、これ。実売価格はちょっと安すぎるから、性能はいまいちか・・・?

シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO キヤノン用 シグマ 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO キヤノン用
価格:¥ 65,100(税込)
発売日:2005-05-30

レンズを選ぶって難しいですね。

戯言垂れ流し中


戯言垂れ流し中


戯言垂れ流し中


鶴見緑地を散策してきました

デジタル一眼レフを持って早、一か月。

「露出」だの「被写界深度」だのといった用語にも少しは慣れてきました。

いちばんやさしいデジタル一眼カメラの基本ノート

いちばんやさしいデジタル一眼カメラの基本ノート
価格:¥ 1,260(税込)
発売日:2011-03

この本を買って少しはカメラ用語が理解できるようになってきました。

単焦点レンズのすごさや面白さが、最近になってようやくわかってきました。

そんな中で、何を思ったか、「花の写真を撮ろう」ということで、ここへ。

Img_1445

花博記念公園鶴見緑地です。

Img_1312_3


関西に住んでもう○年になりますが、来るのは今回が初。

長居公園や大阪城公園に比べると、人はちょっと少なめな印象がありますが、それでも大きな池があったりして、なかなか楽しめます。

そしてとにかく、鳥が多い。鳥だらけ。

Img_1429

池のそばに三脚を持ったカメラマンの方々(みな、それぞれに望遠レンズを付けていたのは言うまでもない)もいて、このへんは長居公園とかではお目にかからない光景です。

しかし、今回の目的は池ではありません。花です。

「咲くやこの花館」です。

Img_1324

植物園は長居公園にもありますが、ここの植物園は、熱帯や乾燥地帯、高山地帯など、いろいろな植物が栽培展示されているという特徴があります。

カメラを持ってわざわざ撮りに来る物好きなんていないんだろうな・・・と思ってたら、甘い甘い。

私よりもはるかに上のスペックのカメラ(とレンズ)をもってる人ばかりでしたよorz

恐らく写真の会の集まりだったんでしょうけど、超高倍率のズームレンズとか、ぶっとい広角レンズとか・・・いくらするんだ!?って感じのレンズを付けている人が多くて、キットレンズで撮影しているのって、たぶん私くらいだったと思います。

周囲とのスペックの違いに恥ずかしくて死にそうになりましたが、「レンズがいいからといっていい写真が撮れるわけじゃないよね」などと考えて(ほとんど開き直り)、もっぱら単焦点レンズ(CANON EF50mm F1.8。作りや見た目は非常にチープとのうわさが高いが、コストパフォーマンス抜群の単焦点レンズ)でできるだけ接写して撮りました。

私が今狙ってる「シグマ 30mm F1.4 EX DC」もそうですが、単焦点レンズ、あまり寄れないんですよね。最短撮影距離が40cmですから、ズームレンズをつけるか、マクロレンズをつけるかしないとアップで撮れません。

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM キヤノン用 シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM キヤノン用
価格:¥ 57,750(税込)
発売日:2005-06-25

まあそれでも、けっこうおもしろい画は撮れました。納得はしてませんけどね。

Img_1336_2

Img_1363

キットレンズの望遠も使ってみたんですが、250mm、惜しい。
もうちょっと寄れたらいいのに。(ちなみにこれは撮った映像をトリミングしました)

Img_14312

次はエクステンションチューブ、三脚あたりを持ってリベンジだな。

あ、温室のせいかレンズが曇ることがあるんで、クリーニングクロスも必要かも。

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。