スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle paperwhiteを使ってみて

Kindleのpaperwhiteが思いがけず早く手に入ったので、通勤時に大活躍しています。

Kindleを使ってみてよかった点とか、意外と使いにくい点とかをまとめておこうかなと思います。誰得な情報だけど。

<よかったところ>
・青空文庫を気軽に読めるようになった
一番の利点は、これに尽きます。
青空文庫の存在は以前から知っていましたが、液晶画面で読むのはあまり好きではなかったので、そこまで熱心ではありませんでした。
今回じっくりと探してみたんですが、あらためて無料ながらも面白い作品が多いということを感じさせられました。少し古い作品が多いんですが、「つまみ食い」をする感覚で名作が読めるのは、非常に大きいと思います。
「日本三大奇書」と呼ばれる「ドグラ・マグラ」と「黒死館殺人事件」が読めてしまうのも嬉しいです。もちろん、これは人により好みがありますけど。

タブレットでもKindleアプリで読むことができますが、液晶画面と比べると、「紙の本」を読んでいる感じに近いです。目の疲れも少し違うかなと。

<いまいちな点>
・書籍検索がいまいち
電子書籍端末という性質上、Webでの閲覧に向かないのはわかりますが、Amazonでの書籍検索がややストレスを感じます。
中でも一番気になるのが、Kindleアプリではできる「無料書籍の検索」が、Kindle本体ではできない点。
Kindleストアから見れるのは「ジャンル」と「ブラウズ」という分類なんですが、この「ブラウズ」に、無料書籍のカテゴリが無いのです。
青空文庫を中心に読書をしようと思っているのであれば、iPhoneなどのアプリから探したほうが探しやすいと思います。

・漫画はストレスを感じやすい
これもさんざん言われていることですが、絵が多いと、画面の切り替え時に起こる反転(リフレッシュ)が必ずといっていいほど起こります。
慣れるまでは、この「リフレッシュ」がけっこうストレスに感じます。反転の時間は1秒もないくらいですが、読むのが早い人にとっては、けっこうストレスかもしれません。
漫画をスムーズに読みたい方は、タブレットで読んだほうがいいかもしれません。


とまあ、上に書いたのは、すでに出ている情報なんですが、使ってみた所感を書いてみました。
小説などの文章を読むことが多い人にとっては、とても便利なツールかなと思います。

最後に、ケースについて。
Kindleを持ってみた人はわかると思いますが、けっこう持った時の安定感は悪いと思います。
裏面はマットな感じですが、けっこう滑りやすいんです。
なので、多少重くなってしまうのが残念ですが、やはりカバーをつけておいたほうが良いと思います。
スリープから復帰させるときに電源ボタンを押す必要があるんですが、このボタンがなかなか押しにくいので、カバーの開け閉めでスリープ設定/解除ができる、マグネット内臓タイプのカバーが便利かなと思います。
純正カバーが安定感もあるんですが、本体に比べて若干割高なので、このあたりはお好みで、といったところでしょうか。
スポンサーサイト

予想以上に早くKindle paperwhiteを入手

11月20日、AmazonからKindleが発売になりました。
発表当初はネットからの注文がすごくて、私は発表されて3日後くらいの27日に注文したんですが、その時点ですでに発送予定がクリスマスという、とんでもないことになってました。

私は、Amazonの商品は家電量販店での取り扱いはしないものだとばかり思ってたので、手に入るのはだいぶ先だなと思ってました。

ところが、ネットで情報を集めていたら、一部の家電量販店で予約が始まっているという情報があり、びっくりしました。
でも、nexus7のときみたいに、どこに行っても品切れ、みたいな悪夢が待ち受けてるんだろうな、と諦め半分で電話をしてみたら、3G版があるというではありませんか。

これは買うしかないだろ、と思って即、予約をしました。まさかこんなに早く買えてしまうとは。嬉しい誤算でした。

続きを読む

金持ち父さんは実在しなかったのか

2000年、ある本が大ブレイクした。

たぶん記憶に新しい人も多いと思います。「金持ち父さん貧乏父さん」という本です。

金持ち父さん貧乏父さん 金持ち父さん貧乏父さん
価格:¥ 1,680(税込)
発売日:2000-11-09

私も本の発売から遅れることおよそ1年、確か10代最後の年だったかな? この頃呼んだ記憶があります。

ここでは、この本に登場する「金持ち父さん」という人物について書いてみます。

実は私は、この本を読んだときに違和感を覚えました。

9歳だった著者が、親友のお父さん(金持ち父さん)から色々と教わるエピソードを交えながら、話が進んでいくという形式なのですが、

「なんで9歳の少年がここまで話の一言一句を記憶しているのだろう」

という疑問がずっとありました。私の頭が平凡だからかもしれませんが、9歳の頃の記憶なんてほとんどありません。担任の先生がどんな人だったかはともかくとして、どんなことをしていたかとか、クラスメートとどんな会話をしていたかなんて全然覚えていません。

偶然このブログを発見して読んだとき、「あー、なるほどな」と思いました。

もし金持ち父さんの言葉がすべて実話であれば(実際に著者が9歳の頃に記憶していたことであれば)にわかに信じがたい話です。が、フィクションであれば、話は簡単です。言いたいことを伝える際の『たとえ話』として、少年時代の『実話』を交えていたと考えれば、納得がいきます。

もっとも、この本は「キャッシュフロー・ゲーム」を売るためのカタログなんだそうですね。

「これまで私が言ってきたことを理解する助けになるのが、この『キャッシュフロー・ゲーム』です」といった具合に。

実際、ブログの中ではロバート・キヨサキ氏が「金持ち父さんも貧乏父さんもフィクション」であることや、「キャッシュフロー・ゲーム」を売るためのカタログだったことなどが記載されています。

普通にキャッシュフロー・ゲームを、人生ゲームのような「おもちゃ」の位置づけで、玩具店に並べるという手法で売ったとして、大して売れ行きは期待できないでしょう。そもそも値段が高すぎます(人生ゲームは2000円程度なのに、キャッシュフロー・ゲームは20000円近くする)。しかし、「遊びながら学べる」という「教材」にしてしまった。また、彼の教材テープやCDなども総合して考えると、本をとっかかりとして様々な派生商品(彼が著書内で述べている「デリバティブ」)を販売することに成功したと考えることもできそうです。

1作目の話がやけに抽象的過ぎるなと思っていたんですが、こういうからくりがあったわけですね・・・

プロフィール

haru786

Author:haru786
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のついーと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。